バシー海峡を見る by katsukazan

【katsukazan】のブログも東京から台湾 高雄へ。南は黒潮が北流するルソンと台湾本土をまたぐバシー海峡を見る。北回帰線の南、北緯22度38分 は【熱帯】です。 海峡の地図にバシー海峡と、このシーレーンを通った輸送船の沈没の悲劇の歴史を読み取る。 この海峡は南シナ海から西太平洋への出口だ。

タグ:YouTube

5
石原慎太郎

暑い、熱い高雄・台湾から発信してます (;^_^A

■■■2410年8月に【WordPress】で編集・投稿したブログサイトを立ち上げています。 【WordPress】を使うとなんとなく表現力が豊かなイメージなり気に入っております。 スマホとPCの両環境に対応しております。
タイトル画像下の【WordPress仕様ブログサイト】から

秩父宮ラグビー場


昨日の日曜日、高雄時間13時からNHKの実況で、関東大学ラグビー対抗戦・早慶戦を見る。

秩父宮ラグビー場、晩秋の西日は一般席を照らすのみ、グランドは完全に日陰の中、後半の慶応の早い攻撃が目立ちました。後半32分頃か、22mラインを超えてからのパスで、慶応の14番金沢君が決めたトライは鮮やかでした。

金沢君は一年生、あと三年が楽しみなラガーです。

カメラが、時折見せたくれた一般席の上手越しに、神宮外苑の黄色に染まったイチョウ並木の頭が見えた時、一瞬、日本の秋を共有できた感動に、懐かしさに浸りました。

日本の直ぐそばの台湾でも、高雄は熱帯、数日前の晩秋に突入したはずの気候は、昨日から夏の終り位まで戻ってしまいました。

またもや短パン、タンクトップ姿でひっくり返りながらの観戦でしたが、一気に若き日の熱い思い出が海馬から吹き出したようで、 一人で応援歌を歌うなど、いっとき、鬱から躁に変わった自分に、驚きました。

kazanの場合、「鬱」の原因は深刻に物事を考え込むと、なるみたいです。

人様から見れば、大した問題では無いのですが、きっと小心者なんでしょう。物事への集中力が散漫になり、何をするにも億劫になります。

自分の好きなシツゥエーションが視野や、脳裏、食欲、興味の範疇・エリアに入り込むと直ぐに「ハイモード」に突入です。 ハイモードになると、「イケイケドンドン」で、白日夢の中でお山の大将です。

普段なら、好きなもので食欲を満たすとか、アルコールを摂取するとか、さらには懐かしい音楽を聴くことで、なんとかなります。

今日は、遅い朝食兼、昼食後の30分の足湯と、ラグビーが良かったのかもしれません。 30分の足湯は結構汗だくになります。

シャワー室で足湯に浸かりながら、 「YouTube」で、小林正樹監督の長編「東京裁判」の前半四分の一を見たので、退屈はしません。 足湯と「YouTube」は相性がいいみたいです。

5
暑い、熱い高雄・台湾から発信してます (;^_^A

■■■2410年8月に【WordPress】で編集・投稿したブログサイトを立ち上げています。【WordPress】を使うとなんとなく表現力が豊かなイメージなり気に入っております。 スマホとPCの両環境に対応しております。
タイトル画像下の【WordPress仕様ブログサイト】から


ba2119da.jpg
偽物の不良部品が使われたり、事故を頻発させたりと危険きわまりないハンビッ原発の内部(KBSニュースより


産経紙関西版・【岡田俊彦の軍事ワールド】で驚くべき韓国の原発の実態が報じられました。 タイトルは【韓国原発、「欠陥・事故」続出の恐ろしき実態…偽造部品納入は当たり前、放射能漏れ数値は18倍増に修正

お笑い韓国軍」「お笑い韓国軍兵器」 は御存知の通り、韓国を結果的に揶揄する【YouTube】のコンテンツで、いまや変えゴリーにもなっております。 ニュースと限られた番組だけが日本と リアルタイムでしか見れない、高雄在住のkazanには、【YouTube】を見るのも、ストレスの解消法で、日夜取っ替え引っ替え見ておりますが、この 「ホルホル」系を見るのは、とりわけ至福の一時です。

韓国の制作、建築物は、外見だけ見れば、先進国の一流品と何ら変わりませんが、建築物は傾きがあったり。、崩壊が後を絶たず、兵器に関しては、世界に誇るウリジナルに限って必ずと言っていい位の欠陥があって、使い物にならず、それを掘り下げることが、「お笑い韓国軍」「お笑い韓国軍兵器」の【YouTube】コンテンツの主題になっています。

つまり、基本的な設計ミスもさることながら、使用される部品や素材に、偽造品や規格外品の使用が横行しているのが理由です。

記事では、 最後の結論で【鎖の強度】飲みだしで、記事全体をワンセグメントで報じています。引用です。

鎖の強度


こうした事故の背景には、「部品1つくらいなら」という軽い気持ちで安い偽 造品を納入する儲け主義や、「1カ所くらいなら」という安易な整備・点検の姿勢があると指摘される。何事も一から設計して製造することをせず、技術の“パ クリ”に走りがちな韓国特有の欠点といってもいい。「鎖の強度は、最も弱い輪で決まる」という考え方を徹底しない限り、事故はなくならないだろう。

その結果、原発側が当初放射能漏れの総量について、1・1ギガベクレル(11億ベクレル)としていたが、10日後に「実は18・8ギガベクレル」(188億ベクレル)だったと18倍の量に修正。もはや何を信じていいのか分からない状態だということです。

詳細は添付でリンクしますが、客船沈没で、世界にさらけ出した、すべての組織の機能不全は、韓国では起こるべきして起きた事故であり、すべてのチグハグな対応だと理解できます。この国には、まともなものは何一つとしてないことは事実でしょう。 

それでも、問題は、原発となれば、日本にモ影響するだろうし、平昌冬季五輪の開催もあることで、高みの見物という訳にもいかないので、心穏やかなことではありません。


↑このページのトップヘ