バシー海峡を見る by katsukazan

【katsukazan】のブログも東京から台湾 高雄へ。南は黒潮が北流するルソンと台湾本土をまたぐバシー海峡を見る。北回帰線の南、北緯22度38分 は【熱帯】です。 海峡の地図にバシー海峡と、このシーレーンを通った輸送船の沈没の悲劇の歴史を読み取る。 この海峡は南シナ海から西太平洋への出口だ。

タグ:自殺

9月4日に旗艦PC、といっても他は、みなロートルか半病人で、戦艦大和みたいの存在でしたが、夕方撃沈されました。
fcebookではご紹介した投稿記事のとおりで、今日まで、本土決戦の準備で悪戦苦闘しておりました。
以下転載です(ブルー部分)

私事で大変恐縮です。9月3日に旗艦PCが重篤に陥り、ジャンク箱から10年前のPC(NEC・VISTA)にzorinOS.9をインストールし、ようやく

linuxPCから投稿できるようになりました。 テストを兼ねての投稿ですが、以前には、ネットラジオ位しか使用道がなかった、少ストレージのHDD、低スペックのCPU、メモリが640MGで、重くて動きの悪い中国かロシアのようなマシンが見違えるようになりました。サクサクです。もうG7入りです。

経過の詳細は http://takao-life.blogspot.tw/

旗艦マシンのトラブルは当初、HDDとばかり、考えておりましたが、どうやらCPU回り見たいな様子で、自分の甲斐性ではすぐに対応が不可能でしたので、必死で改造しました。古い弁当箱にも使えないマシンは、

Lnuxがおすすめです。画像は健康診断、インストール途中画面、立ち上がり画面画像です。

20150904_161938470_iOS20150908_070904089_iOS
2015-09-09-110938_1280x800_scrot


 

岩手県での中学生の自殺がありました件で、直後気になっていたのは教師と生徒のやりとりをするノートに、自殺を感じ取れる記載があったにも関わらず、学校側には予測ができなかった → 学校側に落ち度はなかった。

とするコメントが載せられています。 kazanが見ても、あきらかなシグナル発信なのに。

kazanは10年前から、死ぬくらいなら学校へいくなを折に触れ、発信してます。

最近のいじめが陰湿になっているのだろう。

いじめが原因で死を選択し実行する。

社会は驚き、学校関係者はいじめの存在を否定し、いっとき社会の風向きが変わり、自殺の風化を待つといった構図が出来上がっているようにしか思えない。

学校でのいじめ、社会でのいじめは綺麗ごとの対策ではなくならない。
不登校も立派なシグナルでありますが、いじめだけの問題だけではなく、不登校 に関して、無頼派の勝谷誠彦氏も、興味深い発信をしております。


 

いじめ自殺_1

いじめは、社会のいたるところにある陰険で陰湿な悪弊。

残念だが、これは現実で、複数の人間の中で比較的起きやすい。

学生なら「部活」「クラブ活動」、昔なら、旧軍の内務班の古参兵による制裁と言う名の「リンチ」もしかり、特殊な世界では、そのグループ特性から外れた、得てし下位の者がターゲットになる。

掛け声では決して無くならい。 むしろ一件のいじめ事件で、学童や生徒が自殺し、社会問題になり、いつしか風化してその事件が忘れされようとする頃、どこかで表面化して、事件になってしまう。

岩手県のいじめで中学生が自殺をした事件ですが、内容は従来のいじめ、そして被害者が自殺の構図は相変わらず同じです。

起きると、関係者いわゆる、担任、校長、教育委員会が決まって出すコメントが、「日頃より、目配りをし、日常の生活を個別に注視していた。。。」です。

特に強調されるのが、「いじめのサインがあれば、学校側はいくらでも対処できたものが、今回はそのサインを見逃してしまった」のコメントです。

 

どうでしょう、kazanの昔からの持論ですが、「学校へ行くな!」とういうことを提言したいのです。

そして学校へ行かないこと、登校しないことが、児童、生徒にとって、 親御さんにとって最良の方法です。

他人や大人から見れば他愛のない「いじめ」でも、当人にとっては「死ぬほど辛いことなのです」

そのために当人が死ぬこと避けるには、まずは、家族がガードしてあげるしか法j法はないでしょう。 不登校になれば、学校は嫌でもこのサインを見逃すことはないでしょう。

これをルール化しておけば、いじめられた児童・生徒が突然不登校になれば、いじめの存在が明らかになり、その結果、いじめた、加害者側にも、大きなプレッシャーになります。

大事な命を、クラスの悪ガキか、クソガキのための死ぬ必要なんかサラサラありません。 しかも、自殺という方法を選択し、実行に移すよりは、はるかに簡単で、自分と親御さんのためになります。

不登校になって、学校側が何らの対策を講じない時には、それこそ、親御さんは警察でも、今日行き委員会でも、出る処へ出れる訳ですから、一番簡単です。

小学生や中学生ならば、義務教育ですから、憲法や教育基本法で定められ、権利が守られているはざずですから、 これが正論です。

今まで多くの学童生徒さんが、自らの命を断ったことを、とても残念で、口惜しい限りです。

 

以下、自分のgooブログでもほぼ同様の投稿をしております。

2006年10月21日 09時48分36秒 | 四方山話☆百夜一夜いじめ 自殺

2006年10月31日 03時04分09秒 | 四方山話☆百夜一夜 また飲酒運転、またいじめの自殺2007年10月05日 09時12分58秒 | 四方山話☆百夜一夜 大相撲界の暴力汚染2012年07月10日 15時21分59秒 | 社会 死ぬな!自殺をするくらいなら不登校を!

 

22.62644 120.29785


動画「高雄チャンネル」 
 http://goo.gl/l7ELt8

↑このページのトップヘ