バシー海峡を見る by katsukazan

【katsukazan】のブログも東京から台湾 高雄へ。南は黒潮が北流するルソンと台湾本土をまたぐバシー海峡を見る。北回帰線の南、北緯22度38分 は【熱帯】です。 海峡の地図にバシー海峡と、このシーレーンを通った輸送船の沈没の悲劇の歴史を読み取る。 この海峡は南シナ海から西太平洋への出口だ。

タグ:産経抄

5
東大

1月19日「産経抄」は、「首を傾げる大学」です。

二セグメントを引用します。

▼防衛省が昨年5月、不具合が起きた航空自衛隊輸送機の原因究明のために、東大の大学院教授に協力を要請したところ、大学側に拒否された。日本の大学でもっとも多い800億円もの交付金を国から受け取っておきながら、なぜ、協力できないのか。

▼昭和34年、42年の評議会で、軍事研究の禁止の方針を確認しているからだという。「学問の自由」を持ち出す向きもある。むしろ、大学による自由 の封殺といえまいか。少なくとも海外の名門大学では、聞いたことがない方針だ。主要国では例外なく、産学官軍が協力して、安全保障の研究開発にしのぎを 削っている。

イデオロギーの対決が盛んであった頃の、感情的な、あるいはヒステリックな反戦思想や、反戦思考が先行して、それが「学問の自由」と「大学の自治」に関連付けして結果のことです。

現代のIT技術を興世してるもののほとんどは軍事技術の応用技術です。これを、「スピンオフ」と呼ぶ単語が存在するほど、一般の方、学生、大学人は「スピンオフ」技術に頼りきった生活、思考、生産活動をしていることを、反対する人はどう受け止めるのでしょう。

こんな考えは、日本のガラ携と同じ運命をたどるのは必須です。 どうやら、大学の志向回路が1945年からガラパゴス化し、現在は日本の大学は絶滅危惧種の証拠だと思わざるをえません。

お粗末な話です。

産経抄 http://www.sankei.com/column/news/150119/clm1501190004-n1.html


January 21.2015

■ 台湾海峡 http://jal-jp.com/nettai_takao/

■朝日新聞社記者有志にみる造反 http://jal-jp.com/nettai_takao/post-1330/

https://www.facebook.com/katsukazan

7月12日産経抄は、

▼ロッテホテルが、予約を受け付けていた自衛隊創設記念日のレセプションを前日になって「開催できない」と通告した。「お客様第一」を掲げて成長してきた企業とは思えない仕打ちである。▼同情すべき理由はある。韓国紙の東亜日報が10日付朝刊で、レセプションを批判的に報じ、開始時刻と催事場の部屋まで明示したのである。抗議電話が殺到するように新聞が仕向け、ホテル側が屈したというわけだ。

と伝えています。http://sankei.jp.msn.com/world/news/140712/kor14071203070003-n1.htm

この、状況を創りだした確信犯は、紛れも無く韓国紙の東亜日報です。 聞けば、 東亜日報は、 朝鮮日報、 中央日報 と並ぶ韓国の三大紙のひとつです。 韓国の朝日新聞とまでいわれており、 朝日新聞とは現在も特約紙の関係にあり、東京支社を東京築地の朝日新聞社のビル内にあるとなっています。

本来マスコミは、 知的観点で、 冷静な批判と公正な真実をの提供を通して、 社会に貢献するものだと解釈するkatsukazanにとって、 東亜日報の報道は安っぽいアジテーターそのものの記事です。 普通のこと普通で通らないこの国では、 民族をいびつな狂気の世界から普通の世界へと啓蒙すべき責任のあるマスコミであり、 普通の国なら【威力妨害罪】が適用されて不思議のない事件です。

先の【セィオル号沈没事件】で、 韓国は【三流国】と認め、 三流国へと民族を誘導し、刷り込んだ責任の一端は【マスコミ】にあると総括したはずなのに、 まったくの【反省】【学習】【進化】の跡が無いことが明白になりました。

三流国民に、 今回の記事を掲載したらどうなるか、 普通のレベルのマスコミ人なら容易に想像できるのに、 それを知らないマスコミは社会の公害でしかないでしょう。

7月12日産経抄は、


▼ロッテホテルが、予約を受け付けていた自衛隊創設記念日のレセプションを前日になって「開催できない」と通告した。「お客様第一」を掲げて成長してきた企業とは思えない仕打ちである。▼同情すべき理由はある。韓国紙の東亜日報が10日付朝刊で、レセプションを批判的に報じ、開始時刻と催事場の部屋まで明示したのである。抗議電話が殺到するように新聞が仕向け、ホテル側が屈したというわけだ。


と伝えています。http://sankei.jp.msn.com/world/news/140712/kor14071203070003-n1.htm


この、状況を創りだした確信犯は、紛れも無く韓国紙の東亜日報です。 聞けば、 東亜日報は、 朝鮮日報、 中央日報 と並ぶ韓国の三大紙のひとつです。 韓国の朝日新聞とまでいわれており、 朝日新聞とは現在も特約紙の関係にあり、東京支社を東京築地の朝日新聞社のビル内にあるとなっています。


本来マスコミは、 知的観点で、 冷静な批判と公正な真実をの提供を通して、 社会に貢献するものだと解釈するkatsukazanにとって、 東亜日報の報道は安っぽいアジテーターそのものの記事です。 普通のこと普通で通らないこの国では、 民族をいびつな狂気の世界から普通の世界へと啓蒙すべき責任のあるマスコミであり、 普通の国なら【威力妨害罪】が適用されて不思議のない事件です。


先の【セィオル号沈没事件】で、 韓国は【三流国】と認め、 三流国へと民族を誘導し、刷り込んだ責任の一端は【マスコミ】にあると総括したはずなのに、 まったくの【反省】【学習】【進化】の跡が無いことが明白になりました。

三流国民に、 今回の記事を掲載したらどうなるか、 普通のレベルのマスコミ人なら容易に想像できるのに、 それを知らないマスコミは社会の公害でしかないでしょう。


↑このページのトップヘ