バシー海峡を見る by katsukazan

【katsukazan】のブログも東京から台湾 高雄へ。南は黒潮が北流するルソンと台湾本土をまたぐバシー海峡を見る。北回帰線の南、北緯22度38分 は【熱帯】です。 海峡の地図にバシー海峡と、このシーレーンを通った輸送船の沈没の悲劇の歴史を読み取る。 この海峡は南シナ海から西太平洋への出口だ。

タグ:櫻井よしこ

実は、例のごとく、youtubeを徘徊中に遭遇した動画です。タイトルが気に入りブログにパクりました。

不肖活火山の大嫌いな福島瑞穂が、 尊敬する櫻井よしこ氏が完全に黙らせた時の対談・討論。

これは、保存版の価値ありです。
 


続きを読む

櫻井よしこ氏

9月1日、 関東大震災から91年です。日本では何時放映されてのかわかりませんが、【NHKスペシャル】で【スーパー台風】のことを昨夜オンしてました。司会進行の一人がタモリ氏」です。

地球の温暖化で、100とか200メートルの深海の温度が0.8とか上昇していることで、従来の予想や認識を超えた想像を絶する雨、風、高波、そして日本では想像できなかったスーパー台風が発生しており、そのメカニズムにせまる内容でした。

折しも、広島県では想像を超える激しい豪雨で、土石流が甚大な被害を引き起こしています。 この災害復旧は自治体が中心になり対応しているものの、国家レベルでの対応が要求されています。

現在国会は閉会中ですが、 9月3日に安倍内閣の改造が行われます。

内閣改造、 災害対策特別措置法を視野に当然早期に、臨時国会の招集が必要とされる9月です。 臨時国会では、当然、なされなければならない大きな問題があります。

朝日新聞、植村元記者、河野洋平氏の三者を国会招致し、予算委員会で証人喚問し、被った国益の損失、国家の毀損に総括をしなければならないでしょう。

英邁な見識者の多くが、上の意見をリードしています。 オピニオンリーダー、 櫻井よしこ 氏の今日の産経から ■

潰すべきは「河野談話」by 【櫻井よしこ 美しき勁き国へ】2014.9.1 msn産経
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140901/plc14090103190005-n1.htm

朝日は廃刊になっても、今度は人民日報のマネーで中共新聞で残るのはミエミエ。


■■■昨日アップした動画の関連動画をアップしました。リンクからどうぞ。


8月5日6日以来、facebookページのグループ【捏造慰安婦問題を糺す日本人有志の会】の投稿見てますと、微妙に変化があります。

一昨日は【YouTube】サイトで、当会のメンバーであります【櫻井よしこ】氏の音声で、朝日新聞の今回の誤報報道に対する、怒りの見解を聞いていますと、 その心情が伝わってきます。 

32年のシカトウの責任はキッチリ取ることですね。 これ、 日本社会のけじめです。

朝日新聞は秋に臨時国会で召喚され、総括後いずれ廃刊になる可能性大と見ました。

リンクを張りました。 

【櫻井よしこ】氏による、タイトル【櫻井よしこが朝日新聞の慰安婦捏造謝罪に激怒「植村隆の知りませんでしたという理屈は通らない」】です。

http://youtu.be/8zF-YXNYRW4   6分04(収録時間)

他に、 青山繁晴 氏、 大高未貴 氏、 三橋貴明 氏

辛坊治郎 氏の【YouTube】は以下のページのページから。 スマホ・PC対応です。

http://www.jal-jp.com/nettai_takao

朝、 目を覚まして、 寝床で手にするiPadで見msn産経は政治がトップ画面で【櫻井よしこ 殻破る日本、世界は歓迎】です。尊敬してます、 櫻井よしこ 氏の文字が目に入り、 いつも聞きながらくPodcastesのNHKラジオ7時のニュースも聞かないで精読。

今月2回めの寄稿ででした。 櫻井よしこ 殻破る日本、世界は歓迎 MSN産経 政治欄 【美しき動き国へ】 から櫻井よしこ氏は、 管理人所属しますfacebookページのグループでご一緒でございますが、 ご高名ゆえ、 <友達>登録をなさっていない、 もっともなことではあります。 1ヶ月位前に、 facebookに投稿されていました記憶はがありして、 ずいぶん時間がお有りと、 思っておりましたが、 投稿は忙中の閑の植木か何かのことでした。 もし、 日本にいたら、 完全に【オッカケ】おじんになっていただろうと、 思うとります管理人です。
さて、 本題です。
安倍政権と日本外交が、 国際社会でかってない追い風を受けていることを、切り口に 孤立する【中国】の国際社会をの評価を紹介したうえで、 古典的とも言える遅蒔き帝国主義の妄想で自らを更に孤立に追い込んでいる【中国】を切り捨てています。

異常に多い空自のスクランブル発進に件数や、 常態化する中国による領海侵犯に対処するべく、 現在の安倍政権が今の好機、 を憲法改正は持って行くことを提言しております。

文中の最大のポイントです。(引用)

「国際社会の日中に対する評価は対照的だ。信頼されているのは明らかに日本である。ほとんどの国と緊張関係に陥っているのは中国だ。」

「戦後、長く、息をひそめ、国際社会に積極的に貢献することも、主張を展開することもなきに等しかった日本が、鮮やかな変身を遂げて自分の意思と価値観に基づいて発言し、国際社会に働きかけている。完全とはいえない限定的容認であっても、日本を縛っていた殻のひとつが確実に打ち破られ、国家としての甦(よみがえ)りが始まった結果であろう。」 いいですね。

MSN産経 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140714/plc14071403050003-n1.htm

管理人は、韓国はこのままで時間の問題で自滅。 中国は末期の状態です。 

ウイグルの子供を含めた残虐な虐殺の画像がTwitterdでは、 世界中を【リツィート】で駆け巡っております。
【チベット】の悲しむべき焼身自殺の画像はインターネットやTwitterで、 内モングル人の民族浄化の事実は、人民解放軍が内モンゴル人に行った、非人間的な苛酷で無残な【拷問】【殺人】【虐殺】に関する画像が世界中に拡散されていってます。

管理人は、自らを【民主的で、平和を愛する中国が大国になった】と公言してはばからない【異型の大国】の一刻でも早い消滅を期待しています。




↑このページのトップヘ