バシー海峡を見る by katsukazan

【katsukazan】のブログも東京から台湾 高雄へ。南は黒潮が北流するルソンと台湾本土をまたぐバシー海峡を見る。北回帰線の南、北緯22度38分 は【熱帯】です。 海峡の地図にバシー海峡と、このシーレーンを通った輸送船の沈没の悲劇の歴史を読み取る。 この海峡は南シナ海から西太平洋への出口だ。

タグ:リムパック

理研

【「党・軍・政」総ぐるみ攻勢かける中国に手を貸す日本の研究機関 理研の名も】2014.8.29msn産経 http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140829/its14082914000002-n1.htm

【日本舞台に暗躍、腕ずくの中国 瀬戸際で回収された3D技術】2014.8.28msn産経 http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140828/biz14082808040003-n1.htm

7月に開催されたハワイ沖のリムパックで、恒例の参加艦の見学会が行われた際、初めて参加した中国海軍の艦船に興味が注がれたようですが、中国艦の見学には、カメラ以外の手荷物は全て預けられ、警備兵立会で見学箇所は限定、見学15分間だけっだったそうです。http://sankei.jp.msn.com/world/news/140707/chn14070711050002-n1.htm

昨日と今日のmsn産経で、上の2件の記事見ている内に、先月行われたリムパックの参加艦の見学記事を思い起こしました。

2年前の北京五輪で時の国家元首胡錦濤氏が開会でいみじくも世界に向けてアピールした、世界に三大発明はすべて中国で発明された。。。を重ねて以下を思い起こしました。

火薬、紙、羅針盤を発明した知恵がありながら、後進国になり、世界史のベクトルから逆の立場に追いやられた理由を語らなかったことは、大変残念ということにつきます。

現代人の生活に寄与した最大の中国人の産物は【中華鍋】だとkazanは思っています。 ひょっとすると北京では中華鍋で衛星放送が受信できると今だに信じているくらいです。

そのような国が、過去30年で現在の技術大国になった背景は、全て技術と情報の窃盗であるとすれば、理解は簡単です。

中国人が作った友好なる造語の裏で、どれほどの技術、情報が盗出されたものでしょう。 その結晶が今回のリムパックへの中国海軍艦船であったとすれば、15分間の見学で、カメラ撮影に限定した条件であったことが納得できます。

じっくり見られたら、一つひとつが日本や米国のからの盗出技術によるという事実が暴かれる危険があったからでしょう。

理研といえば、ほとんど日本の役所のようなもの、それがなんの理由とメリットがあって、中国の研究機関と研究協力関係を構築しなければならないのでしょう?

kazanには不思議極まりない限りです。


■■■ブログ投稿ソフト【WordPress】での投稿newサイトリンクです。PC・スマホ対応です

■■■Googleで<高雄><スービック>のキーワード検索結果⇒姉妹ブログがTopPageの No.2, No.3にランクイン


fbbfb8fb.jpg
     習近平

中国事情に詳しい作家の宮崎正弘氏は「一番大きいのは米国の圧力だ。中国は『自分たちが何をやってもいい』と錯覚していたが、だんだん違うと分かってきた」と指摘する。 引用ZAKZAK2014.08.27 http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140827/frn1408271820008-n1.htm

記事は、中国が日本に歩み寄りを見せている報道記事での引用です。


妄想にとりつかれた中国の赤い皇帝、習近平は、内にあって江沢民上海閥との死闘を展開中。 空軍、 海軍は、この20年近い間、 陸軍だけが利権の賄賂で太るのを横目で魅せつけられてきました。

これが、この3年、4年くらい前から、海軍力、空軍力の近代化と整備増強の政策でようやく利権にありついた海 空軍は、存在感を見せるために、国際慣例を無視した(実際は、無視では無く無知)挑発を繰り返しております。

ここで注目したいのは、直近の挑発行動が政府中枢の把握する中で実行されたものかどうかです。


2014年5月30日~6月1日のアジア安保会議では、中国軍高官が冷笑を浴びせられ、反中国で会議が一方的に進行しました。

その後予定途中でベトナム海域での石油掘削調査を切り上げるなど、不可解な行動、直近では頻発する空軍機によるスクランブルで異常接近を繰り返す中国空軍の行動は、中央政府の統制外で行われている可能性が高いのでは、思われます。


7月にハワイ沖で行われたリムパックには、中国が招待され合同演習を展開中の公海上で中国海軍の情報収集艦が確認され、リムパック実行総司令官が異例の、しかも揶揄めいた声明の発表になりました。


文頭に戻りましょう。核兵器を所持し、国連なる連合国の常任理事国の一国である中国政府自体の知的水準が、錯覚で周辺国に19世紀型の帝国主義的覇権を行使する様は、まさに妄想に等しい。

 

■■■ブログ投稿ソフト【WordPress】での投稿newサイトリンクです。PC・スマホ対応です

■■■Googleで<高雄><スービック>のキーワード検索結果⇒姉妹ブログがTopPageの No.2, No.3にランクイン

クリックすれば、 安部総理のオーストラリアでのスナップが出ているので、 今回のニュージーランド、 オーストラリア、 パプアニューギニアの外遊のことかと思いきや、 中身は中国海軍の空気を読めない「傲慢ボケ」の演習示威活動を2014年1月にさかのぼって

論じています。



要するに、 中国海軍の近代化は対米海軍をターゲットにしたあからさまで挑戦的な行動が、 すべからく、 大国化したことでの「傲慢ボケ」が、 関連諸国への逆効果を生み出しているということです。 


今、 ハワイで行われている【リムパック】に、 ご招待され、 主催者のアメリカ海軍に次ぐ大艦隊で意気揚々望んでおりますが、 さぞかし、 関連諸国の海軍には、 この上ない情報と、 安心を提供してくれたのではないでしょうか?

 


年初頭以来、関係諸国に見せてくれた一連の中国海軍の実力と実績の詳細は、 掲載紙である産経紙、野口氏の論評をリンクしました。



あまりにも興味深いきじでしたので、 facebookにも投稿してしまいました。

↑このページのトップヘ